活松葉ガニ のどぐろ 黒鮑(クロアワビ) 岩牡蠣 オコゼ等、日本海の旬魚 希少三昧の宿 京都丹後 琴引浜 羽衣荘

プラン・ご予約
ご予約・お問い合わせ tel 0772-72-0624 ネットでご予約 メールでのお問い合わせ
カテゴリー: おこぜ料理

虎魚(オコゼ)フルコースのご紹介

おはよう御座います。2代目北垣 学です。

丹後は、春から夏にかけオコゼが水揚げされます。

夏のフグとも称されるほど、身質はフグに似ています。

そのオコゼを使ったフルコースのプランが御座います。

見た目はごつい顔をしていますが、味は繊細で澄んだ味です。

背ビレは毒を持っていますので、調理は特に気を付けないと

いけません。捨てる所はこの背ビレだけで後は全て召し上がって

頂けます。

オコゼの部位のご紹介

  1. 上身
  2. とうとうみ(皮と上身の間にある身)
  3. 胃袋
  4. 鰓(えら)
  5. カマ

それぞれ違う味、食感を楽しんで頂けます。

お造りは薄造りにし、自家製ポン酢、土佐醤油、煎り酒(お酒に梅の味と香り)

などで召し上がって下さい。胃袋、肝、とうとうみ、皮も美味しいですよ。

酒蒸しはオコゼから本当に繊細で澄んだ良い出汁が出ます。是非この繊細な出汁を飲みほして下さい。

この出汁の味でオコゼが持つ旨味を感じて頂けます。

定番の唐揚げは、一夜干しにしてから揚げますので骨やえらをバリバリと食べ下さい。

ご飯は、昆布締めにし押し寿司に、このご飯の身をとる時に出たアラは

赤出汁で召し上がって頂きます。

お造りの時に出るアラは、朝食のお味噌汁でお出し致します。

ご紹介した通り、使う魚はオコゼのみ!です。

1匹の魚でも調理法によって味がまったく違います。

この機会に一度ご賞味下さいませ。

オコゼのプランは、7月12日までとなっております。

大好評!オコゼ会席!!

丹後で水揚げされる活けオコゼしか
使用しない【オコゼ会席】当宿おススメ
プランで御座います。
使う魚はオコゼのみ!!オコゼのフルコース
です!薄造りに、焼き物、酒蒸し、煮凝り、
揚げ物、赤出しなどシンプルな調理法で
オコゼが持つ旨味存分味わって頂けます。
是非一度丹後の活けオコゼ食してみませんか?
オコゼ造りオコゼ酒蒸しオコゼ赤出し
オコゼ水槽

オコゼの骨まで美味しく骨酒に!

オコゼの骨とカマを直火でこんがり
と焼き、お酒の中に入れて飲む、
オコゼの骨酒!
オコゼの旨味、風味がお酒に移り
とても美味しいお酒に変わります。
フグのヒレ酒に勝るとも劣らない
オコゼの骨酒を一度ご賞味下さいませ。
オコゼ骨酒
オコゼコツ酒

胃袋も美味しいオコゼ料理!

オコゼの胃袋も召し上がって頂きます。
コリコリとした食感でとても
美味しいです!
オコゼは、エラと背びれ以外は全て
食べる事ができ、1匹のオコゼで
いろいろな食感、味を楽しんで頂けます
オコゼ胃袋

虎魚入荷!

オコゼ仕入れました。
丹後のオコゼは本当に美味しいです。
シンプルにあまり手を加えず、オコゼが
持つ旨味を味わって頂きたいと思います。
虎魚

天然ホタル観賞ツアー!!

当館おススメ【活けオコゼのフルコース】
オコゼは美味しい部位は身だけでは
御座いません!
皮、とおとうみ(皮と身の間にあるゼラチン質の皮膜)
肝、胃袋も召し上がって頂きます。
身、肝、皮、とおとうみ、胃袋と違った食感、味
を楽しんで頂けます。
6月1日から6月30日まで今年も蛍鑑賞ツアーに
ご案内致します。
天候などにより見れない場合も御座いますので
ご了承くださいませ。
おこぜ皮、肝
ほたる1

私、板長おススメ【活け○○○フルコース】

私、板長おススメ【活けオコゼコース】
コースの最初から最後までオコゼのみ!
神経締め活けオコゼの薄造りです。
しっかりと血抜きもしていますので
肝も美味しく召し上がって頂けます。
肝を身に巻いて食べると、肝の濃厚な
旨味が口の中に広がります!
丹後の活けオコゼコースを是非一度
御賞味下さいませ!
オコゼ薄造り

旨味タップリの・・・

オコゼのフルコースでお出しします
オコゼの煮凝り。
オコゼの旨味をゆっくり引き出し
旨味タップリの煮凝りに仕上げます
おこぜ出汁

活け締めのオコゼを酒蒸しで!

先日お出し致しました、オコゼの酒蒸し!
身はもちろん、オコゼから出た御出汁が
とても美味しい一品です。
肝、胃袋も一緒に召し上がって頂きます。
真子は入ってたり、入ってなかったりしますので、
あれば一緒に召し上がって頂いています。
おこぜ酒蒸し

オコゼも神経締めに!!

顔はとても怖いですが、身はとても
優しい味をしているオコゼです!!
今日はオコゼと黒鮑を使うコースの
ご予約をお聞きしています。
オコゼももちろん神経締めに!
綺麗な白身です。
フグに勝るとも劣らない丹後のオコゼ!
白身で淡白と思われますが、しっかりと
甘味、旨味があります。
今日お聞きしているコースのお造りは
なんと!!オコゼの薄造りと黒鮑の
お造りの2種類だけです!
丹後でも価値の高い2種類の魚介を
1度に召し上がって頂く事が出来ます。
満足して頂けると自信を持ってお出し
致します。
おこぜ
神経を専用の道具で抜いています!
写真の見た目は少し悪いですが・・・。
この処理は美味しく召し上がって頂く為に
欠かせない工程です!
おこぜ神経締め
血抜きもしっかりしていますので、
綺麗な身になり、味も美味しくなります。
下処理に仕方で魚の味が良くも悪くも
なります。
おこぜ下処理

トップへ移動