活松葉ガニ のどぐろ 黒鮑(クロアワビ) 岩牡蠣 オコゼ等、日本海の旬魚 希少三昧の宿 京都丹後 琴引浜 羽衣荘

ご予約・お問い合わせ tel 0772-72-0624 ネットでご予約 メールでのお問い合わせ
旬 11〜3月
活松葉がにの冬
活松葉がに

冬 活松葉ガニ

冷凍がに一切無し
活がに

活がに発祥の宿、羽衣荘自信のかに料理。水揚げされてすぐの活がにを水槽で管理。本物のカニの驚きがここにあります。

活がにを詳しく
秋 のどぐろ

キス場の白身のトロ
のどぐろ

白身なのにすごい脂、しかし飽きがこない。秘訣は鮮度と寝かせ方。「さっぱり濃厚」という矛盾の贅沢さが極上の証です。

のどぐろを詳しく
初夏 岩牡蠣

これが鮮度のいい牡蠣
岩牡蠣

岩牡蠣の…お刺身、天ぷら、酢の物、しゃぶしゃぶ、ステーキ、…とにかく岩牡蠣づくし。甘くない、自然なミルキーさは大人向け。

春夏 黒鮑(クロアワビ)

肉厚さを味わい尽くす
黒鮑

これ全部アワビ…!?高級食材の代名詞「あわび」フルコースです。肉厚さ、大きさ、味わい深さ、初めての体験をお届けします。

春夏 オコゼ

見た目との反比例
オコゼ

ゴツゴツした外見にもかかわらず、味はとても繊細で上品。歯ごたえのある身には甘み旨味があり、フグの味に似ているとも。

料理人として、本物にこだわってきました。

羽衣荘館主
羽衣荘 館主 北垣 譲

商売ではなく、目利きと心意気が大切です。

羽衣荘は蟹はもちろん、旬魚料理も本物にこだわり抜いてきました。素材の価格を落とせば宿は儲かります。しかし、「人を騙して商売するようなことは、したらアカン。だから冷凍ガニは出さない」という信念のもと、お客様に本当に喜んでいただけるお料理にこだわっています。この信念は息子(二代目)にも何度も伝えてきました。大切なのは素材の《目利き》です。そして、悪い素材は使用しない《心意気》です。自信を持って言い切りますが、私はその《目利き、心意気》は決して誰にも負けません。

いつもご利用頂いているお客様へ。

この度ホームページがリニューアルされ、早速お客様から「大将は大丈夫か!」と心配のお電話を頂きました。本当に嬉しいことで御座います。この通り、私も女将も、変わらず現役でやっております。
現在、息子夫婦を跡継ぎとして羽衣荘の信念、変わらない味、接客などもしっかりと教育しております。今後とも羽衣荘をよろしくお願いいたします。

館主と女将 館主がカニをさばく カニに包丁を入れる様子 女将が客室で雑炊をつくるところを見る若女将
羽衣荘 二代目 北垣 学

お客様が本当に「食べたい」と思うもの

ソースの味付けに凝った、綺麗な料理をいただくとき、いつも思うことがあります。「お客様は本当に食べたいのは、こういう料理なんだろうか」その答えは、羽衣荘の歴史とお客様の声にありました。 羽衣荘は25年前から冷凍ガニを一切使わない本物の「活ガニ料理」を貫いてきました。そしてお客様は「お刺身が新鮮で良かった」など、海の近くならではの良さを喜んでくださいます。ソースや盛り付けに凝ることよりも、本物そのものの味わいを愉しめ、シンプルな味付けなのにしっかり満足、そんな「食材特化の料理」こそが羽衣荘ではないか。そう考え、日々試行錯誤しながら、お客様に本物素材の料理をお出ししています。

本物の料理とゆっくりした時間

当サイトをご覧いただき本当にありがとうございます。当館は京都丹後・琴引浜を眼前に望む活ガニ発祥の宿として営んできました。豪華な施設はありませんが、本物の希少素材を使ったお料理と、鳴き砂の琴引浜の風景で、きっとご満足いただけることと思います。お料理の本物の満足と、親戚の家に行くようなゆっくりしとした時間を、ぜひ羽衣荘で味わってください。

羽衣荘 若女将
羽衣荘 若女将

羽衣荘の眼の前は「鳴き砂の琴引浜」です!

メディア実績
Media coverage

毎日放送 ちちんぷいぷい/朝日放送 キャスト/TBS バンバンバン/TBS サタモニ! 等でご紹介いただきました。

トップへ移動