活松葉ガニ のどぐろ 黒鮑(クロアワビ) 岩牡蠣 オコゼ等、日本海の旬魚 希少三昧の宿 京都丹後 琴引浜 羽衣荘

プラン・ご予約
ご予約・お問い合わせ tel 0772-72-0624 ネットでご予約 メールでのお問い合わせ
カテゴリー: 活け松葉蟹料理

新年明けましておめでとうございます。

羽衣荘2代目 北垣 学です。

新年明けましておめでとう御座います。本年もどうぞよろしくお願い致します。

昨年は過去に例をみないほどの松葉ガニの不漁で沢山のお客様に

ご迷惑お掛け致しました。

年が明け大漁を願うばかりですが、今期は非常に期待薄です。

これから海の時化る日も多くなり、出航回数も減ってきます。

それに加え不漁となると大変厳しいシーズンが続きます。

新年早々、悲観的な投稿になりましたが頑張って参りますので

どうぞよろしくお願い致します。

11月に頂きましたお客様の声UPしました

おはようございます。羽衣荘2代目北垣 学です。

11月に頂きましたお客様の声UPさせて頂きました。

本当にうれしいお声を頂戴し、明日への活力になっています。

ご指摘も真摯に受けとめ、改善できる点は少しづつですが

改善しより快適に過ごして頂けるよう努めて参ります。

お客様の声一覧をご覧くださいませ。↓

お客様の声 | 活蟹の宿 京都丹後 琴引浜 羽衣荘 日本海のカニ・旬魚料理の宿 (hagoromoso.jp)

重要なお知らせ!ご予約をお断りさせて頂く事も!

お早う御座います、羽衣荘2代目北垣 学です。

久しぶりの投稿になりましたが、お客様に重要なお知らせが御座います。

今シーズンの松葉ガニ漁は近年稀にみる大不漁となっております。

それに加え12月からお正月明けまで需要も増え、需要と供給のバランスが

大きく崩れています!当館は活け松葉ガニの質にはとことんこだわっており

期待して下さるお客様の期待を裏切る様な松葉ガニをお出しする

訳にはいきません!

今週までの活け松葉ガニはなんとか確保できました。

来週以降の松葉ガニの仕入れはどうなるかわかりません。

お客様には大変恐縮ですが、12月20日~1月8日までの

ご予約を仕入れ次第でお断りさせて頂く場合も御座います。

この様な事は、25年活け松葉ガニをやっていて初めての

事です。

年が明け少し需要も落ち着いてくるかと

思います。お日にちの変更等お願いする場合もあります。

ご予定を早くから立て、当館の活け松葉ガニ料理

を楽しみにお越しくださるお客様の為に

最大限の努力はして参ります。

ご予約頂いているお客様には順次ご連絡いれさせて

頂きますので、どうぞご理解・ご協力のほど

よろしくお願い致します。

活け松葉ガニ・かにみそを刺身で!

おはよう御座います、羽衣荘2代目北垣 学です。

当館が活け松葉ガニしか使わない証明【かにみその刺身】です!

カニみそを刺身で!!!と思われるかも知れませんが、これが

なんともたまらなく美味しいのです。

活け松葉ガニしか味わう事の出来ないカニみその刺身

一度食べれば忘れられない味で御座います。

それでは週末張り切ってっ参ります^^

生のかにみそ

松葉ガニ漁解禁しました!

こんばんは、羽衣荘2代目北垣 学です。

11月6日、松葉ガニ漁解禁!天候にも恵まれ各港多くの水揚げがありました。

とりあえず無事に解禁日を迎える事が出来たので一安心です。

当館から一番近くの漁港、浅茂川漁港に初競り見学!

仲買人さんの競り落とす声が漁港に響き渡っています。

せこガニも沢山水揚げがありました。

セコガニは小小、小、中、大といろいろな大きさに分けられていきます。

1杯、1杯漁師さんが専用の物差しで測りながらの選別になります。

この作業も大変な作業です!

漁師の皆さん、3月末までよろしくお願い致します。

 

 

京都府民限定 【きょうと魅力再発見旅プロジェクト】に参画しています!

おはようございます。羽衣荘2代目北垣 学です。

松葉ガニ漁解禁まで後8日になりました。私の中ではカウントダウンが始まって

います!皆様の中でもカウントダウン始まってますか?

年内のご予約対象で、京都府民限定 【京都魅力再発見旅プロジェクト】

当館も参画させて頂いています。

宿泊料金の割引や、宿泊当日とチェックアウト日に使えるクーポン券を

お配りさせて頂きます。予算上限がありますのでご予約はお早めにお願い

致します。11月はご予約頂ける日も少なくなっており、12月の日曜日

すべて昼食・宿泊共に満室です。

今年も松葉ガニの大漁を願います!!!

 

セコガニ(コッペ・香箱蟹)の湯がきあげを見学してきました!

おはよう御座います。羽衣荘2代目北垣 学です。

早いもので松葉ガニ漁解禁から一週間経ちました!

11月6日解禁日に、取引先でもある【魚政】さんのお店に

お邪魔し、セコガニの湯がいている所を見学してきました。

湯気がのぼり美味しそうですね。

セリたてのセコガニ。浅茂川漁港の大善丸。網野はカニ漁を行う船は大善丸

1隻だけです。

セコガニを湯がき釜に入れ十数分。

湯がき上がりました!

何をしている作業かと言いますと、湯がき上がったセコガニを1匹、1匹

アクを落としています。何千匹湯がこうと、1匹、1匹必ずこの作業を行います

アクなど綺麗に落としたセコガニ。外子がパンパンですね。

この手間を掛けたセコガニを当館は仕入れています。

そして、お客様にはノンストレスで召し上がって頂けるように、面詰めにし

ご提供させて頂いています。

 

松葉ガニ漁解禁になりました!

こんばんは、羽衣荘2代目北垣 学です。

11月6日、松葉ガニ漁解禁になりました。

松葉ガニは来年の3月20日まで漁が続きます。

セコガニ(コッペ)は資源保護の為、年内で禁漁になります。

今年の解禁日は天候も良く、どこの漁港も松葉ガニ漁に出航しました。

いよいよこの季節が来たかと松葉ガニを見ると身が引き締まります!

上記の写真は、当館のカニの仕入れをしてくれる【魚政】の谷次さんです。

もう長い付き合いで、当館が使うこだわりの活け松葉ガニを完璧に見極め仕入れ

下さいます!

当館から車で10分の所にある浅茂川漁港の初競り見学に行ってきました!

漁船の水槽から活け松葉ガニを上げています。

水槽から揚げられた活け松葉ガニはセリ場へ行き、大きさ、傷あり・なし、

ヤケ、足落ちなど細かく仕分けされセリに掛けられます。

活け松葉ガニはランク分けが多く、漁港事に違いますが多い所だと

20ランク近くに分けられます。当館の使う活け松葉ガニは

上位ランクのみです!

次回はセコガニを湯がいている所のご紹介!

カニの天婦羅から次につながるとは!

こんにちは、羽衣荘2代目 北垣 学です。

遅くなりましたが、本年もよろしくお願い致します。

じゃらんネットからお越しになられたお客様にカニの

天婦羅の揚げ具合をほめて頂きました。

 

その嬉しい口コミの内容

自転車旅行中に利用しました。松葉蟹の解禁直後のタイミングだったので少し贅沢をしてでも美味しいものが食べたいと思い予約しました。
丹後半島付近の他の宿が冷凍カニで近い値段をとるなか、こちらは完全に生と言うことで、他に何か足りないところがあるのではと勘繰っていましたが、完全に杞憂でした。お部屋も広く、窓は二重ガラスになっていてとても静か。
初めての松葉蟹が羽衣荘さんでいただけて本当に良かったと思います。
天ぷらが特に美味しかったです。その揚げ具合の妙から他の食材を使った料理も食べてみたいと思いました。
自転車は玄関の中に入れてもらえて良かったです。

じゃらんネットの方にも掲載してありますのでそちらもご覧下さい。

【天ぷらが特に美味しかったです。その揚げ具合の妙から他の食材を使った料理も食べてみたいと思いました。】

ブログの題名にもしましたが、カニの天婦羅から他の季節の

料理にも興味を持って頂けた事とても嬉しいです。

天婦羅だけではなく、活け松葉ガニ料理を食べた多くの

お客様から、カニでこれだけこだわっているのだから

他の時期の料理も気になるというお声を聞かせて

頂いた事もあります。

一つ、一つの料理に思いを込め提供する大切さ、喜び、

難しさを教えて頂いた様なきがします。

 

 

 

 

 

 

セコガニ面詰め、出来上がるまでの行程をお見せします!

こんばんは、羽衣荘2代目 北垣 学です。

今日は、当館でお出ししていますセコガニ面詰めの出来上がる

までの手順をお見せ致します。

セコガニはコッペや、香箱蟹と3種類名前を持っています。

私はセコ、セコと略して呼んでいます。

それではこの面詰めがどうやって出来ているかご覧下さい!

セコガニ面詰め手順公開!

湯がいてあるセコガニを準備します

足の筋を取ります

足の関節を折り筋を外します。

全部外したらこんな感じになります。

外子を外します

ふんどしをめくり、親指を奥まで入れバキっと折ります。

こんな感じになります。

エラなど掃除をしていきます

真ん中に包丁を入れます。

足を持ち、右、左とバキっと外します。すると!

エラが出てきました!ここは食べれないので捨てます。

甲羅から口や薄皮などを取り、綺麗にしていきます

胴体を外すとふんどしとのつなぎ目が残っているので、包丁を入れ外します。

ここにも内子が残っているので、甲羅に戻します。

口をミソや、内子がある方に押しバキっと折り、外します。

こんな感じで外れます。ここもミソや、内子が付いていたら甲羅に

戻します。

口など掃除すると、もうパックと食べれる様になります。ミソ、内子は絶品で

食べたくなりますが、食べたら面詰め出来ないので、我慢、我慢です。

足、腹の身を捌いていきます。

足、腹の身と分けてます。

腹の身は包丁を入れ、半分にします。

足も包丁を入れ半分にします。慣れるまで綺麗に半分に割るの難しかった

です。包丁の動かしかたが悪いと殻が割れ、身も割れてしまいます!

腹の身、外子をほぐします

ほぐした腹の身です。

外子はふんどしから外すとこんな感じでばらけます。

和食料理で使うまなばしを使って外子をほぐします。

ちなみに漢字で書くと、真魚箸と書きます。

まなばしの先を使い、絶妙な力加減で筋を切らない様に外子を外します。

力が強いと、筋が切れて外子の中に残ってしまいます!

いよいよ面に詰めていきます

ほぐした身、外子、半分に割った足です。

まずは、ほぐした腹の身を甲羅に詰めます。

続いて外子を甲羅に詰めます。この時に全部外子を甲羅に詰めず、

後から使うので少し残しておきます。

まなばしで、半分に割った足のみを1本、1本外していきます。

全部外し扇型になるように並べます。

甲羅にのせ詰めていきます。

扇型に並べておけば綺麗に詰めれます!ここでくるっと甲羅を回すと!

口の所に隙間があります!そうです!先ほど少し取っておいた

外子をここにのせます。

外子を乗せれば、セコガニ面詰めの完成です。お客様には食べやすいと

とても好評頂いております。

年末年始が近づいてきてますので、セコガニの面詰め作業に追われる日々です。

 

 

 

 

 

 

トップへ移動