活松葉ガニ のどぐろ 黒鮑(クロアワビ) 岩牡蠣 オコゼ等、日本海の旬魚 希少三昧の宿 京都丹後 琴引浜 羽衣荘

プラン・ご予約
ご予約・お問い合わせ tel 0772-72-0624 ネットでご予約 メールでのお問い合わせ
カテゴリー: 伊根湾産岩牡蠣【夏珠】

伊根湾産岩牡蠣【夏珠】天婦羅

おはようございます。羽衣荘2代目北垣 学です。

岩牡蠣料理写真を下手くそながら自分で撮っております。

以前プロの方に撮影して頂いた時から献立も少し変わって

来ているので岩牡蠣ページの料理内容を更新いていきます。

岩牡蠣【夏珠】の天婦羅です。丹後産の米粉を使い外はカリッと中はしっとり

と仕上げております。写真にはないですが、丹後産トマトが美味しくなって

きたので、現在はトマトの天婦羅もお付けしています。

そのトマトの天婦羅を食べる天つゆとして岩牡蠣を一緒に召し上がって

頂くのも大変美味で御座います。

岩牡蠣ページに料理内容追加予定

こんにちは、羽衣荘2代目北垣 学です。

伊根湾産岩牡蠣【夏珠】の質が非常に良いので創作意欲が

沸いて沸いて仕方がありません。素材を生かしすシンプルな調理法は

守りながら!自分で写真撮影してますので、見栄えは悪いかもしれませんが

味には影響してませんのでご安心を^^

蒸し岩牡蠣、味付けは一切せず素材の旨味だけで十分です!

味は付けず素材の旨味だけで!

おはよう御座います。羽衣荘2代目北垣 学です。

何度も何度も繰り返しますが、当館の料理信念は素材の持つ旨味を

存分に味わって頂く事!味付けも極力抑え、素材の旨味を楽しんで

頂きたく思います。

昨日お出し致しました、岩牡蠣【夏珠】とソラマメの炭火焼きも

一切味付けはせず召し上がって頂きました。

何もせずとも美味しいです。

伊根まで仕入れに行く楽しみ

こんにちは、羽衣荘2代目北垣 学です。

昨日は当館から車で約50分掛け伊根町まで岩牡蠣を仕入れに行って

来ました。往復で約100分、料理仲間からはよく【遠いのにわざわざ

取りに行くな!】と言われる事も多々あります。

私にしたら、お客様が喜んで下さるであろうこだわり岩牡蠣を

自ら時間を掛け仕入れに行く事はなんら苦痛では御座いません。

苦痛どころか快感で御座います^^

そんな変は私が作る伊根湾産岩牡蠣【夏珠】フルコースを

1人でも多くのお客様に召し上がって頂きたいです。

 

伊根漁港まで岩牡蠣【夏珠】の見学に!

こんにちは。羽衣荘2代目北垣 学です。

すごーく久しぶりの投稿になり申し訳御座いません。

今日はなつみに会いに行ってきました。なつみと言っても女性では

ないですよ^^岩牡蠣の【夏珠】です。

舟屋で有名な伊根町で育成されている、こだわり漁師さん橋本水産、

橋本さんの所に岩牡蠣のお話と漁場の見学に。

伊根漁港から船に乗せて頂き、岩牡蠣を育てている所まで。

筏(いかだ)にこの様につるして育てられています。

ただ大きくなるまで吊るしているのではなく、定期的に岩牡蠣に隙間をつくり

エサとなるプランクトンを岩牡蠣がいっぱい食べれるように水の流れを

作るそうです。これをするのとしないのとでは身の詰まりが全然違うそうです!

出荷まで3年も育てられているので、この手間が非常に大事だそうです。

筏(いかだ)にあげ綺麗に掃除し大きさを選別するそうです。

 

船の上で岩牡蠣を割って身質を見せて頂きました。プリプリとしとても

美味しそうです!ここでパクっといきたい所ですが、私牡蠣がまったく

ダメなんです・・・・。

帰って早速割ってみましたが、こだわって作ってらっしゃる通り身質は

今まで使ってた岩牡蠣とは違い、筋肉質な岩牡蠣です。プリプリです。

正直な所、岩牡蠣は誰がつくろうがどこで育とうが同じと思っていました。

がしかし、その概念は今日で崩れ去りました。

これほどまで違うとは本当に恥ずかしながら勉強不足でした。

これからは橋本さんの岩牡蠣しか使いません!橋本さんの岩牡蠣なら

今まで以上にお客様に自信を持ってお出し出来ます。

お越しになられた時、橋本さんが岩牡蠣にどれだけの情熱を持って

育てられているのかをお話させて頂きたいと思います。

火を入れても全然身が縮みません!羽衣荘の岩牡蠣フルコースは

さらなる進化を遂げます!ご期待下さいませ。

橋本さん本日はお忙しい所ありがとう御座いました。

 

トップへ移動