活松葉ガニ のどぐろ 黒鮑(クロアワビ) 岩牡蠣 オコゼ等、日本海の旬魚 希少三昧の宿 京都丹後 琴引浜 羽衣荘

プラン・ご予約
ご予約・お問い合わせ tel 0772-72-0624 ネットでご予約 メールでのお問い合わせ
カテゴリー: 春料理

地穴子の潮仕立て。私の好きな食材ベスト5には入ります!

こんにちは、羽衣荘2代目北垣 学です。

インスタグラムのフォローよろしくお願いします。

G・Wもあっという間に終わりそうです。連休前半は体調不良で

点滴をしながらの仕事で体より気が滅入ってました・・・。

もう体調は万全になり、仕事モード全開です!!!

春になると丹後近海で水揚げされる地穴子(伝介穴子)

私が好きな食材ベスト5には間違いなく入ります!

その地穴子を椀物で召し上がって頂きました。

脂もあり、あっさりとした中にも深みのある滋味深い味わいが

大好きです。地穴子の骨で出汁を引き琴引の塩だけで味付け。

これだけで十分です!

春プランの予約受付開始致します!

こんにちは、羽衣荘2代目北垣 学です。

本日より春プランの予約受付開始させて頂きます。

春プランは

  1. 【伊根湾産岩牡蠣夏珠】お1人大8個使うフルコース
  2. 【丹後産活けオコゼ】お1人約1キロ使うフルコース
  3. 【貝の王様 丹後産黒アワビ】お1人約800g使うフルコース

という1つの食材を使ったフルコースのみとなっています。

ここまで1つの食材に偏ったフルコースをしている所は

まずないと思います。

岩牡蠣は舟屋で有名な伊根湾でこだわって育成されている橋本水産さんの

ブランド岩牡蠣【夏珠】を使用します。私が一目惚れした岩牡蠣です。

オコゼは夏のフグとも言われております。使うのは活けオコゼのみで使うその日

私が放血、神経締めをし鮮度抜群で召し上がって頂きます。

黒アワビは言わずとしれた貝の王様、それをお1人800g使ういう

暴挙なフルコースです^^

春の羽衣荘も活け松葉ガニ料理同様、魅力がある料理をお届けいたします!

 

今朝も浜詰漁港に仕入れ行って来ました

こんにちは、羽衣荘2代目北垣 学です。

今朝も当館から車で約25分の所にある、浜詰漁港に仕入れに行って来ました。

ここでは、水揚げされたばかりの魚を自分の目で見て買えるので今年から

買い付けに行っています!最近は5時起きが日課に^^

今日は、白烏賊・鯖・真鯛・スマガツオ・鰆・ウスバハギ・イサキを買いました

どれも鮮度抜群で良く肥えております。特にスマガツオが凄い脂をもっていて

最高です!

見るからに良い脂ですね!

皮目を炙ったら脂が凄い事溢れてきました。これは絶対に旨い!!!!!

スダチを絞って、琴引の塩を掛けワサビをのせてパクッです^^

きっとお客様に喜んで頂けるかと。良い物をお出しする為、お客様に満足

いて頂けるなら、5時に起きて眠い目をこすりながら港に買い付けに

行くのは苦ではないですね。

 

2代目手摘みわかめと地穴子のしゃぶしゃぶ

おはよう御座います。GWも中盤も過ぎようとしています。

昨日はたくさんの新規のお客様にお越し頂き、新しい

出会いに感謝致します。

以前もブログで書かいた私の大好きな食材『地穴子』

しゃぶしゃぶで召し上がって頂きました。

私が目の前の琴引浜で手摘みしたわかめと一緒に!

丹後、春の旬の競演で御座います。わかめは香り食感を、地穴子は

珍しさとプリプリ感を楽しんで頂きたいです。

地穴子は水槽で活かしてあり、私が朝に、放血と神経締めにし、しっかりと

下処理をしていますので、臭みも全くありません。

アラを焼いて出汁を引いていますので、旨味がある鍋地になっています。

活かしの地穴子は水揚げも少なく、たまにしか入荷しない貴重な食材です。

本日のお客様にも地穴子とわかめのシャブシャブを召し上がって頂きます。

 

丹後産活け地穴子

こんにちは、2代目北垣 学です。

GWも近くなり5月3日、4日は満室となりました。

5日はまだ空き部屋がございます。

京丹後は春になると地穴子が水揚げされます。

春の食材で私個人的には大好きな食材です。

私が好きな理由

  1. 活けのまま仕入れる事が出来る
  2. 刺身、焼物、シャブシャブ、酢の物、揚物などどんな調理方にも合う
  3. 食べて美味しい
  4. 漁獲量も多くなく貴重な季節食材
  5. お客様に大変喜ばれる

と言った様な感じで好きです。

皆さんが穴子を想像した時、煮穴子、天ぷらなどが思い浮かぶと思います。

そんな皆様の期待を裏切るべく、刺身、薄造り、湯引きなどで

召し上がって頂きます。シャブシャブも良いですね。

刺身で召し上がって頂くので、鮮度が良くなくてはいけません!

当館は水槽を完備していますので、活かしで持つ事が出来、召し上がって

頂くその日に、放血、神経締めをしてしっかりと下処理をします。

なのでまったく臭みなどは御座いません。

綺麗な身ですよね。魚は下処理の仕方で味が全然違います。

今回は薄造りでお出し致しました。サッパリと自家製梅肉ポン酢で

食べて頂きました。コリコリとした食感に脂の甘味、旨味を楽しんで

下さい。もっともっと京丹後・日本海の地穴子をたくさんの方に

召し上がって頂きたいと思います。

 

トップへ移動